機体製作

電脳飛行<2016年06月分>

電脳飛行は6月7日から活動を開始しました。活動の時間帯は話し合いにより、毎週火曜日の16時頃から行っています。初回のミーティングでは、顔合わせと8月26~28日に出場する大会までの計画について話し合いました。去年と同様に、電脳飛行から一般部門と自動制御部門に出場することを考えています。昨年度より大会が1ヶ月早いので、大会までは活動日を増やすことで機体製作の時間や話し合う機会を増やしていこうと思います。次に機体の名称と設計を行う際に重要となるコンセプトを考案しました。コンセプトは、大会のレギュレーションを熟読した上で、必要と考えられる性能を洗い出すことで決定し、現在は機体の製作を行っています。また、昨年度のおもプロで得た経験などを取り入れ、操縦者が飛ばしやすい機体であることも1つの目標として製作を行っていきます。来月には、各部門の試作機の完成とテスト飛行を行い、結果をフィードバックして機体の改良を行っていきたいと考えています。添付写真は機体製作時の作業風景です。