学生支援センター紹介

 ■ センター長あいさつ ■


山口大学には、9学部、8研究科に多様な志向性を持つ1万人以上の学生が在籍しています。学生支援センターは、専門的な教育だけでは埋められない様々な問題について各学部や研究科の学生担当部署と連携して細かくサポートし、ひとりひとりの学生に充実した大学生活を送ってもらうための環境を整える組織です。

・共通教育棟1階には、「学生なんでも相談窓口」が設置されています。「どこに相談したらよいかわからない」と悩むことがあれば、まず、ここを訪ねてください、担当者が、お話を伺い、アドバイスをしたり、より適当な相談部署を紹介したりします。
・共通教育棟横の「学生相談所」では、心理カウンセラーが心の悩みに個別に対応します。気軽に訪ねてみてください。
・「学生特別支援室」が正式に設けられました。障がいを持つ学生の支援だけでなく、障がい者支援を志す学生が、スキルを身に付ける場でもあります。
・「就職支援室」は、就職アドバイザーによる直前の個別相談や就職活動のスキルアップだけでなく、山口大学全体のキャリア教育を運営し、また、インターンシップの斡旋や企業研究会などを催して山口大学生の巣立ちを支援しています。企業研究会には年間500社以上の企業・公共団体が遠方からも参加しています。企業研究会に参加したり、「就職支援室」のキャリア学習マラソンに挑戦して、低学年次から将来のビジョンを育むことも可能です。
・「学生特別支援室」と「就職支援室」は、共通教育本館棟北側の1階にあります。
・「学生自主活動ルーム」では、在学生の自由な発想による主体的な活動をサポートしています。学外からのボランティア募集などの窓口にもなっており、興味のある方は、共通教育棟1階の渡り廊下にある部屋を覗いてみてください。ここでは、「おもしろプロジェクト」を主宰しています。「おもしろプロジェクト」は、学生自身の発想・企画による活動を山口大学が資金的にも援助しているものです。ぜひ、応募して、皆さんの「発見」を企画にまとめて「はぐくみ」、「かたちにする」ことに挑戦してみてください。

以上、紹介したように、学生支援センターは、学生支援課という事務組織とともに山口大学での生活の様々な面で、皆さんの成長を支援しています。



平成28年4月1日 学生支援センター長   横山 和平

ページのトップへ戻る