今月の活動報告 Pick Up

「新しい読書会」を考える

エン会プロジェクト<2017年08月分>

山口大学医学部図書館にて慶進高校の生徒6名及び慶進高校の教員2名と「新しい読書会」の形について話し合いました。 毎年、慶進高校の学生と読書会を開いていたという経緯もあり今回も協力をお願いしました。 お互い初対面であったこと、「新しい読書会」には趣味や地域交流など様々な事も盛り込まなければならないとみんなが難しく考えすぎたこともあり、 最初は活発な意見交換があまり見られませんでした。 しかし後半では趣味を盛り込んだ読書会、地域交流という観点からみた読書会というようにより細分化して考えるようにしたところ 各々が自分の意見を言い合う実りある話し合いとなりました。 最初から完成形を求めるのではなく部分、部分をとりあえず考えて形をつくっていければいいなと感じました。 この話し合いを通して「新しい読書会」のイメージがより鮮明なものとなりました。 今後、「新しい読書会」をより具体的なものにしたり実際に行うことを決めたりしていきたいと考えております。



システム開発と消防教区との打ち合わせ

ICT救急改革<2017年08月分>

今月は夏休みでメンバーが帰省したこともあり、団体全体としての活動は月末にしか行うことができませんでしたが、 開発部門においては単独で必要な勉強や、データベースからデータのダウンロード機能の開発など、必要な機能の開発を進めました。 また月末には消防とのミーティングを行い、開発中のシステムと既存の救急システムとの接続に関する話し合いを行いました。 消防本部の情報指令課長との話し合いの結果、技術的に接続することはほぼ間違いなく可能であるものの、 現在宇部市・山陽小野田市消防本部が使用している署内システムはベンダーに外注しているもので、それに勝手につなげることができず、 今後その企業との話し合いが必要ということがわかりました。 10月末に消防本部とシステムベンダーとの間で会議があるようなので、それまでに提案書をまとめ、 その会議にて連携の打診をすることを今後の目標とすることになりました。