今月の活動報告 Pick Up

新「絆」プロジェクトを考える

絆<2017年09月分>

最初、私たちがやろうとしていたプロジェクトの内容は農家から廃棄物を頂き、 それを学生に配布し、そこから学生と農家を繋げていき山口大学を地元と深く繋げていくというものであった。 しかし農家の方に直接お伺いしに行くと、そもそも学生と深くつながるというよりも新たな市場が欲しいという意見を頂いた。 そして、もしそのような企画を行いたいのであれば、自らで農地を探し、 冬野菜を育てた方がプロジェクトの趣旨としてもあまり変わらないのではないかというアドバイスも頂いた。 そこで、農業委員会にお願いをし山口大学周辺で農家の紹介をお願いした。 そこで休耕地の紹介を頂き、私たちプロジェクトメンバーで農業を始める段階にまで至った。 今後は農地を整備し種をまきという段階に入るのだが、まだ問題は数多く前途多難である。 しかし右も左も分からないなか多くの人に支えられここまで進んで来ることが出来た。 お世話になった人たちの気持ちを裏切らないためにもチーム一丸となってプロジェクトの進行を今後も進めていくつもりだ。



寄付物BOXの回収と集計

カンボジアの子どもたちを支えよう!<2017年09月分>

今月は、先月決めた予定に沿って行うことができた。 去年から教育学部、国際総合科学部にある寄付物BOXを回収し、去年高校で集めた寄付を合わせて集計することができた。 夏休みということもあり少人数での活動となったが仕訳する人、数える人、記録する人などに役割分担をして効率よく行うことができた。 鉛筆は407本、ボールペン493本にノート、絵具、そろばんまで集めることができた。 みんなで数えながら喜びを感じることができた。 また、来月からは山口中央高校や湯田中学校、西京高校などに依頼してみようと決まった。 もし上手くいけば今回以上に多くの寄付物を集められると思うので、来月はより力を入れて頑張っていきたい。 さらに、大学内でも共通教育棟にも寄付物BOXを置くように依頼してみることになった。 学内でもより多くの寄付物を募るにはどうしたらいいのかをよく考えなおしていきたいと思う。